スポンサードリンク

2007年09月20日

二人の誕生日

初めて携帯からです。
クールとヘナチョコの誕生日が9月14日だった。ちょうど2歳違いの6歳と8歳になった。
よしこぶーから頂いたアイスのデコレーションケーキ。それぞれに頂き二人とも大喜びだった。
初めてのアイスのデコレーションケーキ。もったいなくて食べられないらしい。でも見ていると溶けてしまうので十分眺めてから丁寧に冷凍庫へ二つ大切に保管した。よしこぶーいつもいつもありがとう!感謝してます。

夕飯は恒例のじー様、ばー様を誘って。近くにオープンした焼肉やお寿司など色々なメニューのある居酒屋風?ファミレスで。頼み過ぎて食べきれないほど肉が余った。『しばらく焼肉は見たくない』ほどお腹がいっぱいだったのに。。
夕飯後、自宅で誕生日ケーキ(チョコ生)を完食したのは内緒です。
posted by あこぶー at 00:58| Comment(3) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

検査結果

左乳にしこりがあり、乳がんの検査のため一週間前に手術をした。私の苦手は点滴だ。血管痛があるので、手術よりもむしろ点滴が恐い・・・

先生は「手術は簡単だから、10分くらいで終っちゃうよ」といかにも軽〜い事のように私を安心させたが・・・

本格的な手術だった。あの「ぴかっー」と光る手術室のライトをあびて、乳になんどか麻酔をうつ。麻酔がきいてきたらレーザーメスで患部を切り・・・痛くはないけど感覚はある。引っ張ったりハサミで切ったり・・・話をしながら手術は45分間続いた。深いところまで切ったので、途中麻酔がきれて3回ほど注射をうちなおした。

手術が終って、一言
私「先生、お腹すいて気持ち悪い」
先生は看護婦さんに「何か食べさせてやって」

手術台から降りると、点滴のポールを押しそのまま病室へ歩いて行った。病室から売店へ。お茶とチョコレートを買って病室へ戻る頃、乳の切った部分が痛み出した・・・なんとも言えない中身の痛み・・・

4人部屋に私1人。前日見た「本当にあった恐い話」がよみがえる。

誰もいないのに揺れるベッドの恐さよりも一週間後の結果を聞く方が恐かった。さすがに電気もテレビも点けたまま夜中になる。眠いのに眠れない。痛さだけではなく、体を傷つけた痛みと、なんとも言い表せないむなしい気持ち。

看護婦さんが心配して睡眠薬を用意してくれた。睡眠薬デビュー!!初めてだから凄く不安。。。もらしたりしないのか???
看護婦さんは笑って「それは大丈夫よ、トイレに行きたくなったら自然に起きられるから。心配なら半錠にしてみたら?」

半錠のんでみた。


テレビをいつ消されたのか覚えていないほど・・・爆睡。

今だから話せるけど、一週間がすごくしんどかった。

今日の夜、先生から連絡を頂き、「大丈夫だよ!乳腺症だったから」と。

おおげさだけど、「まだまだ子供の成長を見れるんだ」って思った。健康って有難い。もっと毎日を大事に生きなきゃ。明日抜糸に行く。
 
posted by あこぶー at 00:01| Comment(3) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スタッズが魅力の服を選ばない万能バッグTRES(トレ)

友人からのすすめでやってみようと思うけど・・・悩んでいる人もその前に資料請求 してみよう!友人は0.1→1.5



My Yahoo!に追加 みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ Blog Builder 七変化(シチヘンゲ)高密度ブログインポートファイルを楽々生成 トリンプ・オンラインショップ トリンプ・オンラインショップ トリンプ・オンラインショップ